RSS | ATOM | SEARCH
たまには
 
初めてのシーバスに兄弟は大興奮でした





早いもので既に渓流は禁漁です
9月こそは、、と意気込んでいましたがあの大雨長雨で
なんとも尻すぼみな禁漁を迎えることに・・。

家族で春の様に最後は渓流で〆たかったのですが。
ま、渓流だけが釣りではないでしょ。
と言うことで。
フライ・タックル、ベイト・タックル、スピニング・タックル
どばば、と準備し
磯子ジョーズの伊藤キャプテンの舟に。


初挑戦の坊主2人で心配でしたがなんのその。
兄貴はいきなりの60アップを手にし、
弟もはじめはエラ洗いでばらしていたが、見事60アップを。
さすが、デイナマで鍛えられた釣り感を発揮(笑


そんな合間を見計らって私もフライで狙います。
順調にトップで釣れました。


そしてママも・・
なんと78のシーバスを手にする事ができ、なんとも出来過ぎな釣りと
なりました




たまには家族でチャーターも悪くないですね(^^V

あ〜〜〜、弟のドックウォーク!?に操られた「ザラ」をバッシーン!と
弾き飛ばしたあのシーバスが掛かっていれば・・

さてさて〜、仕事頑張ってまたリベンジ行って来ます♪
author:良竿, category:家族, 15:07
comments(0), -, - -
菜の花の土手を歩いてきました


サッカーがオフ

弟が「俺もフライやりたいよ、」と言うので。弟にでも釣れる川に行きました。
そう、奴はこの鯉釣りが大好き。
パンを撒くのも面白いし、パン・フライも可愛いし!?


菜の花の匂いが好き。子供の頃の野遊びを思い出す



このサッカー少年の弟には特別にフライは教えていないのだが何故だか、
キャスティングから合わせ取り込み全て自力で大きな鯉を釣り上げてしまいます

ほんのひと時でしたが、家族でのんびりとした釣りが出来ました。

本当はこの時期は、あの川に行きたかった〜(^^;

author:良竿, category:家族, 12:02
comments(0), -, - -
祝・解禁!
 
梅祭りの最中に訪れたようです
多くの観光客の中を我々4人がウエーダーを履いて歩くので
ちと恥ずかしかったです(^^;



ご無沙汰していました。
先日伊豆方面伊にある細い川に家族で遊びに行きました。
今日は4人分のウエーダーを持参です。

ここは我々が独身時代に良く訪れた川、思い出深い川なのだ。
ママも子育てに終われ、暫くフライをお休みしていましたが、
「久々にさ、皆でフライやんない?」と。

下の坊主は4年生、上の坊主は中1になり、あの川なら大丈夫だろ♪


ママが釣り、見本を見せて、兄Kouが釣り、私が釣り、
残すは弟Kaeだ。
無事に小さなヤマメを釣り上げてくれたので皆で大喜び



4人でフライが出来るようになるなんて、幸せです(^^V




後日、こうきと2人で桂にもいきました。






難しいライズでしたが
Kouもいっチョ前に桂川の昼間のライズが捕れるようになりました(^^V

また家族で楽しみたいです!
author:良竿, category:家族, 21:47
comments(0), -, - -
めまぐるしく
 
T屋プールのヘッドでグルングルン回ったのはぶっとい37ヤマメだった


今年は仕事に専念しているため(しなきゃ)数える程度しか釣りに行けません。
3回しか行ってない(涙

そんな合間を縫ってね、今年もこのお方と川を歩く事が出来ました ♪

「今日は君が大きいの釣ってみせてね」
今年は巨匠からこんな不思議な声が掛けられました(笑)
で出たのがこのヤマメ

無事に今年も「ぴーちゃん」してもらえました。
*「ぴーちゃん」とは知る人ぞ知る・・魔法なのであります。
興味のある方は巨匠のフォトスクールに行ってみて(^^V

いつもの仲間ともホタルでうどんを食べ、
楽しいひとときを過ごす事ができました。皆さんありがとうございました




さて、仕事に専念しなきゃいけない「理由」とは
そう、坊主のサッカーです。
活動範囲も活動費も、、段々と可愛げが無くなって来ましたよ・・。

上の坊主は早くも中学生に。
いっちょ前に少し声変わりもし、スマホです。

サッカーはSC相模原のジュニアユースにセレクション免除を頂いてしまい
、俺はSC相模原に行くんだ!
「ジュニアユース3年間、ユース3年間行くんだ」って調子に乗ってます。
なら早くに脱落しないでね(笑)
ぶっ飛ぶ程の活動費は大人になってから返してくれるんですってよ(−−。


そんで下の坊主は
今年も4月にバルセロナキャンプ葛飾に行って参りました。

今回は3泊4日の泊まり合宿で参加し、なんとMVPを獲得して帰ってきました。
現地スペイン・バルセロナで練習参加させてもらえるんですって。

(@@! ちみはカエルの子のはずだぞ?

「俺は絶対バルサに入団すんだ!!」「帰ってこねえからな!」と言い張る息子。
お前だけなら向こうでどうか頑張ってろ、と言えるんですがね・・
未成年でしょ、これからが大変ですよ。

そんな訳で仕事仕事、仕事せにゃならんのです(^^;

奴等には削られっぱなし。家計も夫婦の休息も、釣欲もか、削られますね〜〜
お前ら、「木」削れや〜〜〜って。(^^V

author:良竿, category:家族, 18:20
comments(0), -, - -
かまくら


朝起きると




いや・・・

玄関を恐る恐る開けてみる

雪かき?約1mの積雪をか。
先週の雪かきで体中筋肉痛だというのにか。。

東北の方々のご苦労をようやく想像できました。


嬉しいのは子供だけ

我が家前の道路は除雪車が入るのは最後の最後。
さすがのランクルも脱出不可能。
ジムニーはあの電柱の後ろで完全に埋まっている

日曜日の夜から朝方にかけてでないと除雪車は来てくれないだろう・・
灯油を買い込んでおくべきだった・・
食料を買い込んでおくべきだった・・
後悔先に立たず。。



雪かき?もうやめた。
ここまできたら開き直るしかないね。

「おい、かまくら、造るぞ!」「でっかいの」


「やったー、完成だー!」

甘い。お前らこれで完成とは。
もっと大きく、椅子にテーブルも造れや。


せめてこれくらいは造ろうぜ。と。

さあ、買出しに行こう!
家族で足跡の無い積雪1mをラッセルラッセルしてふもとのスーパーへ歩いた。


ロウソク、餅、ししゃも、肉、酒、今夜はここで晩酌だ。


七輪でないのが残念。

寒い?
寒くねえ、楽しい!

さて・・明日からどうすんべか?(^^V

author:良竿, category:家族, 11:35
comments(4), -, - -
あけましておめでとうございます


今年はこんな1年にしたいです


この正月、岐阜の実家にとんぼ返りで帰省しました

行きは厚木ICから焼津まで私がぶっ飛ばします。
そして、お決まり
焼津魚センターで自家へのお土産を「かねとら」で買い、
我々は「かねとも」で昼食&酒

一杯のかけそば、ならぬ、一杯のいくら丼を分け合います(笑

ようやく岐阜に着くと

妹夫婦が、お・も・て・な・し・です。



そして今年の目玉は、「入鹿池」でワカサギやってみよう!

ううう(涙)  懐かしい・・

そして、

「入鹿池」と言えば、、「水葉亭」でしょ!
12歳の頃からお世話になってました。
江南市から自転車で2時間?バスロッド1本積んで走りました。

そして原チャリ時代、CBR−400R時代に、XLR250時代、
ビートル時代にレオーネ時代、ハチロク時代。
30年前から釣りに走り屋、。
それはそれは青春時代をお世話になった「入鹿池」そして「水葉亭」
でした。


嬉しい事に、嬉しい事に、、

「水葉亭」のあのお婆ちゃんがいまだご健在!
自分の息子がこのお婆ちゃんと一緒に記念写真なんて、、(大涙
っすよ。。

んでね、このお店の片隅にある「水槽」(俺の時代から替わらない)
に居る大きなブラックバス。

食い入る様にバスを見る甥っ子を見て、またまた涙する我であった。


えへん。入鹿池と言えば、

田楽。(もうね、嬉しくなりました)




さて、ワカサギ
もう自分は大満足で釣果なんて、どうでも良いのですが
子供達がヤル気満々です。

いや〜〜、なにこの魚?
「ブルーギルだな・・そりゃ・・」

久しぶりに長男とも釣りが出来ました

「息子よ、お前さんがサッカーさえ辞めてくれれば、、、毎週こんなだぜ!」

あ?いいわ。俺はサッカーやりてえ。

「・・・・・・・・・・(^^;」こんな、ひと時のお正月でした


今年もどうか、SilkyWoodを宜しくお願いいたします。(^^V

author:良竿, category:家族, 19:34
comments(0), -, - -
魅惑的な色に・・
 
雌カモの「ピー」


雛の時に何故か我が家に持ってこられ、こんなに大きくなった。
アヒル2羽にカモ1羽か・・・

食うつもりでもなければ、羽根をむしりとりたい訳ではないが
子供の言うとおりに動物を飼うともう大変。
ウチの事を動物園だと勘違いしている近所の人から届けられる
始末。  「だから・・・」



ところでアヒルもそうだがこのカモの尻には素敵なCDCがある
いつ、どんなタイミングで貰おうか?
しかしCDCは抜け落ちる羽根の部位ではなさそうだ。

抜くべきか、切るべきか、いや可愛そうでできないから諦める。

尾脂腺をくちばしに塗りつけ、体中の羽根に擦り付けています
防水性を高め、汚れの付着も防いだりするのだそうです。

こうして羽づくろいの時に抜け落ちた羽根でも使ってみようか!
author:良竿, category:家族, 12:52
comments(0), -, - -
たまにはね。

日本平スタジアム


ご無沙汰しておりました。。。

ネタが無いなら無いで、いや何かあんべよ。。

んじゃあたまにはね、坊主の活動報告を。

あいかわらず坊主たちはサッカーサッカーサッカー。

上の坊主、幸樹は早くも6年だ。弟の楓は3年生。

2人でJFL SC相模原のスクールに通い、
弟も3年生ながら兄と同じ6年生の選抜クラスで頑張っている。


先日
清水エスパルスのアカデミーU−12相手に試合をさせてもらった。


清水エスパルス VS FC東京の前座試合にも出場し、
兄幸樹は終日ボランチを任され、親も驚く程のナイスアシストを見せてくれた。
時間が掛かった兄の成長振りに涙涙ですよ。。

弟は終日FWを任され、イカツイ6年相手に潰され、
それでもど根性で2点のシュートを入れてきた。



我が家はそんなこんなでサッカー漬け。
小学生2人が卒業するまではどうしても坊主らに付き合うようかな。
幸樹、もういい加減親父の釣りに付き合ってくれよ・・・


私の釣りは、、行きますよ〜。
この仕事の山が済めば涼しい山岳渓流へ!
仕事は、、頑張ってますよ〜〜。暑い暑い言いながら削ってます(^^V
author:良竿, category:家族, 14:14
comments(0), -, - -
坊主よ・・   ・・。


今度は弟kaeと旅に。
GW中に「2013バルセロナキャンプ葛飾」へ行ってました

寝ても覚めても「バルサ、バルサ」の弟にはとても幸せな3日間だった
様子です。


兄Kouはとうとう、6年生になり、このGWも試合試合です。
やはり相変わらずサッカー漬けでロッドを握る暇がありません。
最近はSC相模原U−12トップクラスで頑張ってます。
この春から
弟も兄と同じクラスに通うことになり、兄としては複雑でしょうが(笑)
サッカーバカ兄弟として活躍してますよ。。



さて

憧れのバルサ。

バルセロナ現地から来られたコーチや
バルサ福岡校のコーチ達に可愛がられていました。



NHKさんから呼ばれ
「僕、今日は楽しかった〜?」    「楽しかったです!」
「どんなことが楽しかったのかな?」     

 「バルサのパス練習を学べた事や、
ポゼッションゲームが普段の練習とは違って楽しかったです!」

NHK「・・・あっ、そうなんだ」(苦笑)

もう少し小さい子らしく、可愛いらしいお返事をしておきなさい。。
GW明けに学校へ行くと、
先生達に「NHK見たわよ」 バレてたそうです。




さてさて、
親父はリール2個分!?のお小遣いをまたも子供に吸い取られ、
必死に必死に仕事をしているのであります。。

こちらは先日、遠方にも関わらずお2人でお越し頂いたお客様の分です

私と同じスクエアをご希望でした。
私は内径29cmですが、27cmをご希望されましたので型をおこしました。
彼女さんの分はこれからの曲げになります。
暫くお時間を頂きますが宜しくお願いいたします。

今日は
L40T、L45T、M25R、M26T、M28C、の鏡面仕上げ作業、
M−25C、M−27Sの接着です。

来週の火曜日は釣りに行けるかな(^^;V
author:良竿, category:家族, 10:23
comments(2), -, - -
しめっぽくてごめんね。

手前が力(りき)雄   奥が桜(さくら)雌



ラブラドールレトリバーのこの2頭が私達のもとに来たのは17年前
兄弟ではなく、別々のブリーダーからやってきた同い年の雄雌だった。

当時は夫婦でフライフィッシングにのめり込んでいた時期もあり、
各地の様々な渓や湖、海を共に遊んた。

西は中国地方から、関西、琵琶湖、湖北、福井の渓、、
愛知、岐阜、静岡、長野、新潟に群馬に栃木か、、、
伊豆、神奈川、山梨、北は福島、宮城、秋田、岩手に青森の渓流や海へ。。
犬連れなので殆どは宿に遠慮し、テント泊だった。

奥のサクラは中部のとあるダム湖のボートフィッシング中、
流されてしまったオールを、間一髪で泳いで回収してくれた事があった。
栃木の大谷川ではようやくの尺ヤマメをファイト中にガブリ・・

手前のリキはまさに、やんちゃ坊主だった。
美濃市下流でようやく本物のシラメライズを見つけ、
2匹目のヒットと同時に泳いでいき、ガブリ、、
うらたん沢渓流釣り場ではダイブしてニジマスを丸呑みしたり。。
奴のお腹には最低3個の毛鉤が入っているのか。。
母親が盲導犬だけあって言葉要らずの頭の良い犬だった。

晩年、オシドリ夫婦の様な2頭
朝起きるとサクラは必ずリキの目ヤニを舐めてあげていた。
気持ち良さそうにするリキを見ては、夫婦こうであらねば、と学んだ。

そんなサクラは
夏前から寝たきりになったリキを追い越す様に今年の9月、17歳で永眠。
リキも同じく17歳で今朝、永眠についた。
奇跡的に2頭が17年もの長生きで犬生を寄り添ってきたのに
死期が同じとは。。。

愛犬というよりは家族、兄弟の様な存在でした
ラブラドールレトリバーは最も人間に近い犬。
同じフライフィッシング・ライフを歩んできた同士を失ったような、
まだ、寂しさが込み上げないうちに思いを書き込んでいる。。

これまで子犬の頃から可愛がってくれた全国各地のお友達へ、
ご来店されたお客様へ
そしてロッター誌、カーネル誌、トランピン誌、にも
モデル犬としてお世話になりましたね。 
この子達を可愛がって頂いてありがとうございました。

そして、桜、力よ、ありがとう。。。。。。。。また遊ぼう!!(XX。。

author:良竿, category:家族, 12:23
comments(6), -, - -