RSS | ATOM | SEARCH
ご無沙汰しています
昨日イワナ釣りに行ってきました! 山でお友達になった方から言われてしまいました・・ 「最近ブログアップされていないようで、アップしないんですか?」 そういえば、他の方からも時々言われました。ご心配をお掛けしてすみません(^^; あいかわらず、SilkyWoodはお陰様で納期に追われて朝から晩までネットを削っています。 たまには仕事を抜け出して桂に行く事もしばしば。。 さてお友達と約束をしましたので、昨日のめくるめくイワナつりの様子をアップさせて頂きます! 素晴らしい景色の中でイワナ達はライズライズで私経ちを迎えてくれました。 35センチのイワナを筆頭に尺イワナガ4匹に、27センチほどのイワナが数を忘れさせてくれるほど釣れてくれました。 確かにメインとなる流れのイワナは多少スレていてじっくりと見ては引き返してしまうこともありますが、 7Xを継ぎ足し、#16のオドリバエなんかに替えれば、あっさりと出てきてくれました。 尺越えのイワナは実は全てメインの流れからではなく、脇に出来たいわば「水溜り」のような止水に近い場所から探し出して釣っていました(^^; 小さな鳥の巣を見つけました。可愛いオブジェになりそうです 友人も正に絶好釣!でした。 こんな巨岩帯ですので大変です。 釣れ過ぎて夢中になり朝から夕方まで谷を歩きました。約9時間を歩きましたので左足が痛み始め、 帰りには痛くて歩けないほど。 それでも帰りながらもついついイワナを見つけては毛鉤を投じ・・・ 悪戯をしかけます テンとは張ってあるので後は酒を飲み、倒れこむ様に寝るだけです。。。 また、アップします(^^V
author:良竿, category:釣り全般, 18:40
-, -, - -
家族で里川へ

オイカワ 綺麗ですね♪



家族で遊ぶならこんな里川が素敵ですね


勉強にサッカーに忙しい毎日の坊主ですが空いた時間を見計らって
たまにはママとオイカワです





下の坊主もサッカーサッカーと忙しい日々ですが、案外親父とチョロ釣りを
しています。
釣りビジョンを観すぎか、気分は陸っぱりバスマンです。



そんな坊主にザラのドックウォークをレクチャーしていると・・・

私に雷魚さまが釣れてしまいました(^^V



そういえば、今年の夏も
 
ネズミ・フライで雷魚がドボン!と

ナマズにオイカワ、ライギョにコイ、この秋も楽しめそうです♪
author:良竿, category:釣り全般, 11:27
comments(0), -, - -
涼みに行って来ました!


新調した防水バック60L
最終の交通機関から程近いテン場なので背負い心地よりも
容量、防水重視です(笑
リーズナブルでいて、とても使い心地が良かったです。


こちらへはお友達のS様といきました。
昼間は忘れた頃にアタックがある、そんな退屈なドライゲームでしたが
夕方4時頃からは状況ががらりと好転し
至る所に大きなイワナが浮きました。

真っ黒クロスケがヒットした、と思いましたが、
近寄るにつれ、サイズが大きくなり、
しまいにはこんな綺麗なゴールデンオリーブの魚体となりました。


26から尺ちょいのイワナ達が
1日を凝縮するかのように飛び出してくれました。








夢中になり、暗くなってしまった林道をひたすら歩いて
戻ってきたので疲れきっていました。

そんな老体に目に飛び込んできたのは山小屋のビールの看板
横目で発見したS様は、我慢しきれず飛び込みます(^^;
そして、テン場に禁断の「生ビール」が。

今回一番の感動はこれだったような・・(^^V

author:良竿, category:釣り全般, 14:12
comments(0), -, - -
に〜じ〜ランドへ


対岸のオーバーハングの下で音も無く背鰭と尾鰭が水面を揺らした





大変お世話になっているO様と川へ
家がご近所なので、朝のひと時だけと。それでも充分に楽しめました。


鮎の泳ぐ本流で魚を探しながら歩きます。



スローな流れの中では静かなライズリングが。
ハヤかな?一見小さな魚に見えますが、どうやら違いそうです。



難しいライズでしたがさすが大先輩でございます。
50を越し、野生化したレインボーでした。
Silkywood SG4806 4P 8ft06in#4



「少し小振りでした」とは言っても40僉∈Gのアベレージは50〜60僂任靴拭
「これくらいのが丁度良いよ〜」と。(笑





後日、長年お世話になっているH様とも
今度は夕方のひと時だけでしたが、またまた充分な釣りになりました・。

魚を探し、探し、
日陰のオーバーハングでまたも気がつかない程の小さなライズ。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ピラピラ・・・・・・・・・・・・・・・」なライズ。

「小さいかな?」H様
「いや、いや、」(^^;


なんとなんと、正に第1投で60僖献礇好箸靴拭
#10テレストリアルフライ
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・グボンッ!」

ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーー!



「もう充分だ」 そうです(笑)


#10モンカゲスピナーや、



#6テレストリアル系など。

暫くは入梅ですので、また夏になれば楽しめそうです。
お付き合いありがとうございました。

author:良竿, category:釣り全般, 14:24
comments(0), -, - -
水中の魚にコンタクト
 
ベテランO様


先日、ニンフスクールのご依頼を頂きまして川に入りました。
基本的にマンツーマンでお受けしています。

強烈な白泡下に潜むトラウトの口元にフライを送り込む釣り。
時を待たない、魚を待たない、物凄くダイレクトだ。

鳴かぬなら、鳴かせてみせよう・・・か。

むしろこれからのシーズンが本番。
餌釣り師も少なくなり、
本流では立っていられない程ジリジリと熱くなる夏

魚は何処に身を潜めているのか
平面的な流れの読み、だけでは通用しない。
3D的な読み方!?が必要不可欠。
流れのベール、カーテンの様に何層にも分かれる流れを
どう分けてどう流すのか。

私なりに必死にお伝えしました。
しかしながら、私程度の語学力では、正に「擬音」のラッシュ(^^;

ごごご〜、と流れている下の層にモワモワモワ〜〜と流れる層、
アタリはゴンゴン、ではなく、うにゃうにゃ、と。。
おいおい。(−−

今は分かり易い様に図解を製作中。



夏に沈める本流フライは私の場合おおむねこんな感じ。

山岳渓流ならドライが楽しいんですが、夏の昼間の本流では油ハヤくらいしか
相手してくれませんからね。

さて、仕事仕事です!!
author:良竿, category:釣り全般, 11:47
comments(0), -, - -
その後の後

この釣りではその流域きっての大物が先ず反応してくるので第1投に集中
そして、タックル選びも慎重に(汗



引き続き今度はSATOさんからの報告が入りました。
尺を越すイワナを釣った次は、
回復したこんな大きなニジマスが釣れたそうです。
*ネット・サイズの限界ですね*

流域きっての「川底番長」がいつもこうして引き出せるようになれば・・
あとは尺ヤマメは「時の運」というもの。
またのご報告を待ちしています!!





さて、運、とはいえ、尺ヤマメを連打し過ぎて仕事も
ままならなくなってしまった!?S様。 「幸運」の持ち主ですね。


M−28Rを軽く枠越えしたヤマメをつい先日にもあげました。

ドライ、ウエット、ライズ、こだわりの釣りスタイルは人それぞれありますが
まずは飽きるまでヤマメを釣り倒す。
これも更なるステップアップに繋がる事は間違いありません。

私はひたすら仕事をしながら吉報をお待ちしています(^^V
author:良竿, category:釣り全般, 11:26
comments(0), -, - -
その後

先日のスクールにご参加下さいましたN様から嬉しい報告がありました。
「真昼の宝石」ですね。


同時にS様からも嬉しいご報告が連日はいります。

精悍な顔つきの尺ヤマメ



こちらは尺イワナ




この尺ヤマメはまたえらい別嬪さんでございます




イブニングの尺ヤマメ


お二人には嬉しいお言葉も頂き、嬉しい限りでございます。
こちらこそありがとうございました。

私は皆様の好釣果を聞いては毎日喜びを感じております!?(^^;;
author:良竿, category:釣り全般, 08:18
comments(0), -, - -
スクール

Flux主催「真夏の水面下へコンタクト」を無事に終えることができました



30度を越す真夏の炎天下のなか、朝5時から夕方のイブニングまでと、、
もはやスクールというよりも、過酷な夏合宿になってしまいました(焦)
すみません。。
先ずは、お集まりいただきました皆様、ありがとうございました。
そして大変お疲れ様でした。m(==)m







朝、集合場所へ到着しますと、思わず後ずさりをしてしまう、ワタクシ。。
「あああっ、どうも・・」
そう、この川では来る度に会うほどのベテランフリークさんばかりでした。
このスクールに来られるという事は・・
決して鉛アレルギーの方では無い筈。気を取り直して(^^;;ご挨拶です。


今日必要な小物は、マーカーからオモリ、リーダー・ティペット、
フライまで、全てFluxさんからプレゼントされました





今回のお題はズバリ「ニンフ・フィッシング」でございます。
忘れられたかのように人気の無い「夏の昼間」ギラギラに光る昼間に、
ヤル気のある魚を探し出しましょう!

なんてんマーカーを使ったシステムを組み、いざ流れへ。

どんな流域、ポイントに「ヤル気」ある魚が入っているか、
そしてポイントごとの攻略方法をご説明させて頂きながら
まずは僕が釣り進みます

強烈な白泡の下から「ゴンゴン」と暴れたのはこんなゴン太のニジマス
せっかく動画まで回して頂いていた様ですが、
尺上ヤマメでなかったのはこの日の僕の「運」でございますかね。



お一人づつ、狙いどころ、流し方、合わせ方、そして送り込み方などを
後ろから被さる様にくっ付き、
手と手を重ね合いながら、、ご説明させて頂きました(−−:



始めは、慣れないシンカーの重さに戸惑っていた皆様ですが
次々と魚を釣り上げてもらるようになりました。



これが昼間の、この流域での現実的なストマックですか。



こんな流芯の下層に膨らむ白泡の層。その下を瞬時に狙えることが大切
ヘッド付近の底にべったりと張り付く大型トラウトを狙う。



昼飯はいつもの「うどん屋ほたる」胡麻ザル。イキカエル。。。

午後は「なんてんマーカー」を使ったライトなニンフスタイルで攻めました。

先ずはライズを見つけて、皆様にいつものドライで狙ってもらいました。
8X#22で ポワワン・・・・・・プツり・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・きゃぁ〜〜・・と沈黙。

まあ、いつものことですよね(笑)と、
そんなヤマメに対し、なんてんマーカー2個、5Xに#18シンキング・アント
で狙ってもらいます。

皆が見守る中、交代で攻めてもらいました。
残念ながらヒットした良型ヤマメはばらしてしまいましたが、
ナーバスなヤマメが呆気なくこんなシステムにヒットしてしてくる様は
皆様にお見せできたかと思います。


さて、最後は何とかこのスクールで皆の狙いである尺ヤマメを釣り上げて欲しい
と願います。

2班に別れて別々の流域を攻めました。
私と同じ組みになったK様が見事に本題である「アウトリガー・ニンフ」で

太い、

32のヤマメを釣ることができました。
おめでとうございます(^^V

その後はライズが始まったのでドライに切り替え、
イブニングライズに夢中になりました。

別班のMさんは35のヤマメをドライフライで釣り上げることもできました。
オプション的に昼飯時にお話しした、「マル秘」テクを使って釣り上げたと聞いて
余計に嬉しくなった次第であります。
(画像、まってます(^^)


夏の昼間、普段なら車の中で昼寝を決め込むのでしょうが、
幸か不幸か、ニンフ・フィッシングには「中弛み時間」がありません。
気が付けば、子供用に朝の5時からイブニングまで釣りをしていました。

皆様、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。(^^V

author:良竿, category:釣り全般, 11:54
comments(0), -, - -
お知らせです

昨年の夏、水面下の極秘化針を食って走った37ヤマメ

某雑誌のSさんと朝から里川に立ち、頼りな〜い流れになってしまった
夏の川で釣り上げた奇跡の1匹。
油断しきった頭の中に「電気」が走るんですよ。



さて、お知らせです
来月7月7日(日)フルックスさんのイベント&スクールにて
私がお手伝いをさせて頂く事になりました。

この時点での川の状況が状況なので、、プレッシャー大です。
「お題通り」でしょ。
と言われればね、確かにそうなんですがね、モノには限度ってものが・・・
そんな小心な自分に
追い討ちを掛けるかの様な連絡。既に数人のお方がきているよ〜と
うう、、雨よ、、雨よ〜〜。



お申し込み、詳しくはこちらからお願いいたします!!

さて、週末には恵の雨がくるかな??
もういい加減くるもんが「きて」くんないと、さすがに困ります(XX。






先日、H様とご一緒させて頂いたのですが、渇水渇水で非常に苦戦しました。

魚影ゼロ。生体反応なし。こんな流れでのサイトフィッシングを楽しみたかったな・・


大きく山を越え、ぺちゃぺちゃに浅い里川でドライを流すも、皆無。

泡の中からようやく出てくれたのはこんな可愛い8寸ヤマメ。

やっぱり水面下のありんこは好きなんですね。
author:良竿, category:釣り全般, 11:29
comments(0), -, - -
買い物ついでに

こんな小川で


朝晩の冷え込みは厳しさを増すばかりですが、
昼間の河原では
暖かい日差しに喜んでいるかの様に無数のユスリカが飛び交っています
一瞬のぽかぽか陽気にこんな河原で寝っころびながらオイカワ釣り
1時間程の贅沢な時間でした。


そう言えば、この場所で・・
付き合い始めたばかりの我が嫁が、買ったばかりのG−ルーミス#2を
踏みつけて折ったんだ。。。
まだ可愛い頃の!?彼女だったので、硬く握り締めた拳をポッケに隠し、
「へへへ、しゃあないしゃあない、気にすんな!」(−−;

今なら?
「オイ、オイ、オイ!!こらっ、こらっ、こらっ、ナンボすると思っとんぢゃあ!」
「弁償やな、すぐやで、さて何買おうか?」(^^V

さて、

ライズライズ。


今日は#26ユスリカピューパが当たりでした。

内径縦15cmのカーブを持ってしても、枠越えはなりまへん。。
よし、分かった、、待ってろよ。


ハマるととことんいくのが性格。


       注意宣伝↓





       注意、宣伝↓




       注意宣伝↓




SG2606   6ft6in 2P #1  間も無く発売!!(^^V

「オイカワ専用!」というには余りに勿体ないロッドに仕上がりそうです。
来春の、ナーバスな!?ヤマメにも充分使えそうです。

通常、こういった#1とかいうライト・ロッドはね、程好いアクションに仕上げる為
8ft前後と長くなりがちですが、、オイカワに8ft??と思う私は・・
何とか6ft代にしたかったんです。 だって、 でしょ。

勿論、そんな作者にお答えしてくれる本との製作者は、、カムパネラさん。(^^;;
まだ準備中ですが、
予約、お問い合わせは、、Silkyへのメール、お電話にて。。

すみません。(^^V
author:良竿, category:釣り全般, 13:02
comments(2), -, - -