RSS | ATOM | SEARCH
ニンフは保険か?それとも主力か?

左はサイトフィッシングや小河川でのヤマメニンフ。右はアウトリガーを主体としたレインボー用のニンフボックス



待ちに待った解禁日・・・・・。
「無い!無い!ないないないない。ライズが全くな〜〜〜い!」
そんな解禁日を迎える方も「自然相手」のこの遊びにはつきものですね(汗)
でもキツイ話しですよね、
こちとらワクワクして眠れず、まだ春だと言うのに真夜中から出発・・・。
川から小さな小さな虫が確認されたのは朝の9時をまわった頃。
そんな河原には沢山のFFMが右往左往・・。「あああ、寝てりゃ〜良かった・・」

そんな時、どうしますか??
私なら迷わずニンフを沈めますが・・。漁協がサボっていない限り(汗)水中の何処かには魚が居るはずなのですから。
いつまでもプールの土手で指をくわえて見てる??? わたしゃ、そんな訳にゃあいきません!!

こんな時のニンフフィッシングはどちらかと言うと「保険的」、消極的なニンフの使い方。
それでは気持ちがイマイチ入らないからイマイチな釣果に終わりがち・・。

ライズ、バコバコ!ドライに絶好調!な時はウエットやニンフも絶好調だったりする訳ですが流石にそんな時は私もドライで釣りたいし・・。
でも魚自体に動きが無い時は何をやっていても厳しいし・・。

そんな時は餌師の後ろに立とう!!
悔しくて、FFの無力感を感じるほど餌師が魚を掛けているとすれば、ニンフにもチャンス有り!なのだ。本気でいこう!!


そんな時にニンフで釣ったヤマメのストマック
低活性時のストマックにしてはこれでも良いほうなのかも?
ナミヒラタらしきシャック、小型カディスのシャックとピューパ、殆どはお決まりの・・・、ユスリカピューパ#28〜24


実は先月、フライロッターズの取材依頼があり、アウトリガーニンフを担当させていただきました。
上記の様なライトなアウトリガー関して私なりに一生懸命(汗)説明をさせて頂きましたので、是非3月22日発売の「フライロッターズ」を買って下さい!!(爆)

author:良竿, category:フライ, 09:46
comments(2), -, - -
Comment
なんかフタの下や写ってない場所あたりに、反則ギリギリっぽいあやしいヤツが隠れていそうな気配がムンムンするなぁ
T, 2008/02/29 11:31 AM
T様
そう、怪しいのは右側収納(笑)
良竿, 2008/02/29 12:41 PM