RSS | ATOM | SEARCH
人工産卵床つくり

今日はやけに騒々しいが、いったいなんなんだ??





神流川「本谷毛ばり釣り専用区」の人工産卵床つくり
私と同じ中津川漁協のmakoちゃん、それに友人のa24さんと参加しました。
実際にこうした作業をお手伝いするのは初めてなので大変勉強になりました。



不気味な構造物がド〜ンと・・・
ココで「ダムの存在価値」をどうのこうのと書く勇気はございません・・。
しかしその上下に住む生物にとって、大変な影響が出てしまうのは確かな様です。

上流部から石、砂利の供給がありません。
その為、産卵に必要不可欠な小砂利は流されたら流されっぱなし。
これではせっかくペアリングを始めたヤマメ達も行き場に困ります

今回はそんな危機的状況を少しでも補うためにと
漁協、釣り人が立ち上がりました。




大型クレーンで砂利を降ろします。
クレーンが使えない場所では
上の林道から河原まで人を並べ、カゴに石を入れて運びました。



ジョレンで均します。
先ず、大き目の石(5cm程度)を上から降ろして敷き詰める
次に小砂利(2cm程度)を降ろし、敷き詰める。少しだけ大小を混ぜ合わせて均す




流速、深さ、形状、、専門家の先生から意見をもらいながら進めていきます。

産卵床を数箇所をつくっていくうちに何となく、適した状態と言うものが
理解できた気がします。




このお方は・・
出来上がった産卵床でひたすら彼女を待つ、らしいです。
いつもめちゃくちゃ魚目線ですね(^^;



漁協として、答え(成果)が見えずらく、出し辛い作業に
地元漁協組合員である年配者の方々が多く参加されていた事に感動しました。
(組合員16名、一般ボランティア16名ほど)

それにはM組合長殿の影の苦労と努力が相当おありだったのでは・・?
そして、新しい取り組みへのチャレンジ精神に感動です。



シーズン中の魚の生態、行動だけでなく・・(−−;
その川の年間を通して、
渓魚と川、それらを取り巻く環境を理解する。それらを理解したうえで必要であれば人間が手を出す事も大切なんですね。


我々がつくった綺麗なベッドルームでどんなドラマが生まれるのか??
とっても楽しみです!!

author:良竿, category:イベント, 14:04
comments(4), -, - -
Comment
今晩は。
人工産卵床つくりごくろうさまです。
中津川でも同じことが出来たらいいですね。
放流以外でも魚を増やす努力はした方がいい
と思います釣堀的発想では魚もお客さんも
増殖?しない。
中津川で自然産卵できる場所って???
頭弁, 2009/09/23 9:27 PM
頭弁様、こんにちは。
>釣り掘り的発想
その通りだと思います。

Kツラ川水系で釣りをしていて思うのですが、
あそこは異常なくらいヤマメが多いです。釣り人以上に・・(笑)
成魚放流でも、あそこまで徹底した毎月放流があれば
ヤマメの数は釣り人に勝ってしまうのですね。

要するに、相模川水系は「鮎」なのです。
トラウトには大きな可能性を感じていないのでしょう、
素晴らしい条件が整ったフィールドなのにもったいないなと
私は思うのですが(−−;

>中津川で自然産卵できる場所って???
数箇所あると聞いてます。今年は見て回りたいと思います。
良竿, 2009/09/24 8:46 AM
良竿さん、先日は大変お疲れ様でした〜!

なかなかこのような事業に参加できるチャンスがないのですが、貴重な体験をさせてもらいました。

今回造成した産卵床でのペアリングが見られることを大いに期待し、残り1週間のラストスパートでつ!(ぷ)
TAKA-Q, 2009/09/24 10:30 PM
TakaーQ様、先日はお疲れ様でした〜。
とっても勉強になりました。

ラストスパートはやっぱりあの場所ですか(笑)
出くわしたら、お互いカスガの様なリアクションになるんでしょうね。ぷ。(^^;
良竿, 2009/09/25 10:32 PM