RSS | ATOM | SEARCH
涼みに行って来ました!


新調した防水バック60L
最終の交通機関から程近いテン場なので背負い心地よりも
容量、防水重視です(笑
リーズナブルでいて、とても使い心地が良かったです。


こちらへはお友達のS様といきました。
昼間は忘れた頃にアタックがある、そんな退屈なドライゲームでしたが
夕方4時頃からは状況ががらりと好転し
至る所に大きなイワナが浮きました。

真っ黒クロスケがヒットした、と思いましたが、
近寄るにつれ、サイズが大きくなり、
しまいにはこんな綺麗なゴールデンオリーブの魚体となりました。


26から尺ちょいのイワナ達が
1日を凝縮するかのように飛び出してくれました。








夢中になり、暗くなってしまった林道をひたすら歩いて
戻ってきたので疲れきっていました。

そんな老体に目に飛び込んできたのは山小屋のビールの看板
横目で発見したS様は、我慢しきれず飛び込みます(^^;
そして、テン場に禁断の「生ビール」が。

今回一番の感動はこれだったような・・(^^V

author:良竿, category:釣り全般, 14:12
comments(0), -, - -
ありがとう!


久々のヨンマル・ヤマメ♪
昼間の女神を手にする事ができました(^^V



今シーズン2度目かな?独り釣行は。
普段はネット製作の合間になんとかお客様との時間をつくるのだが
最近、独り釣行って、無いな〜と。
夢にまで現れる尺ヤマメ、今回も妙にリアルな夢を見て
思い切って朝だけ突入してきました。

しかし話す友が隣に居ないと、寂しいものだ。
(寂しがりや、らしい)
ああじゃないこうじゃない、と話しながらの釣りは楽しい。
しかし、独りでいるとおのずと集中力が増すようだ。


1匹目、凄まじいスピードで引っ張り回してくれたのは

ジャスト尺ヤマメ
微妙な主点があるような、アマゴかも。(しかし今年はこのサイズばかり)
でもま、ほっ。
これで帰って仕事が出来れば気持ちの良い1日というものだ。


・・とも思ったが、まだ到着したばかりなので少し上流の流れに・・
よさげな流れが幾つかあるが、その中でもやけに気になる流れ。
しかしいくらニンフを流しても何の反応も無し。
25,6のヤマメ1匹くらいヒットしても良さそうだが・・と。
もしや、大型が居座っているのか?ニジか(^^;

ぶつぶつ独り言、の直後!!
ドスン、ドスンの首振り、そして・・、
ビャ−−−−−−−−−−−−−−−−−−−!と瀬を走る
これはニジをやっちまったか!?と思った

1度目の寄りでパーマークが見えた時には確信した。
あるな、久々にあるなコレは・・



45はあると思ったのだが、実際は40を少しだけ越したヤマメだった。



角度を変えるとパーマークくっきりの美人だった。



リリース
ううん、、この幅と重量感。感無量。ありがとさん・・・
まさか、朝だけで2本の尺ヤマメが出るなんて、
仕事に没頭していたご褒美か(^^:

もう帰ろう、とも思ったが、息子の様なハットトリックが脳裏をよぎる
まさか、まさか。
それからは釣れども釣れども28や29の連打。
しかし、なんて日だろうか。。

脱渓地点を目の前に、30冂の浅い瀬をサアーーと流すと・・

今度は30ジャストのヤマメでした。

ハット達成、コレでよしておこう。
まだまだ釣れる事は分かっていた。いつもこんな日を待ち望んで入るくせに、
いざ、そんな日になってみると、
何だか薄ら怖いと言うか・・(笑
これ以上欲張りをしちゃいかん、というか・・。

帰りに友に報告し自慢話に付き合わせた。友は急いで向かった様子。
午前中一杯遊んでしまったが久々に釣りに集中できました。

おつき合いくださったヤマメさんありがとう。。。
これでまた暫く仕事に専念できます(^^V

author:良竿, category:山方面のヤマメ釣り, 13:19
comments(0), -, - -
に〜じ〜ランドへ


対岸のオーバーハングの下で音も無く背鰭と尾鰭が水面を揺らした





大変お世話になっているO様と川へ
家がご近所なので、朝のひと時だけと。それでも充分に楽しめました。


鮎の泳ぐ本流で魚を探しながら歩きます。



スローな流れの中では静かなライズリングが。
ハヤかな?一見小さな魚に見えますが、どうやら違いそうです。



難しいライズでしたがさすが大先輩でございます。
50を越し、野生化したレインボーでした。
Silkywood SG4806 4P 8ft06in#4



「少し小振りでした」とは言っても40僉∈Gのアベレージは50〜60僂任靴拭
「これくらいのが丁度良いよ〜」と。(笑





後日、長年お世話になっているH様とも
今度は夕方のひと時だけでしたが、またまた充分な釣りになりました・。

魚を探し、探し、
日陰のオーバーハングでまたも気がつかない程の小さなライズ。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ピラピラ・・・・・・・・・・・・・・・」なライズ。

「小さいかな?」H様
「いや、いや、」(^^;


なんとなんと、正に第1投で60僖献礇好箸靴拭
#10テレストリアルフライ
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・グボンッ!」

ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーー!



「もう充分だ」 そうです(笑)


#10モンカゲスピナーや、



#6テレストリアル系など。

暫くは入梅ですので、また夏になれば楽しめそうです。
お付き合いありがとうございました。

author:良竿, category:釣り全般, 14:24
comments(0), -, - -
御坂向こうへ。


色の濃い美人さんです



この日は長年お世話になっていますH様と沢に入りました。
新規スクエアネットへの入魂です
それとH様の新車に乗せて頂くためです(^^V

凄いですね、今の新車は!運転させて頂きましたが、
スイーと加速、車線をはみ出せばピピピ!
イス、ハッチ、窓、何でもかんでも自動でございます。
当たり前?
私はいまだに古いランドクルーザーに乗ってますので
感激しまくりでした(^^;


細い沢ですが、魚影も濃く楽しめました。



新規スクエアネットと、ロッドはカムパネラロッドです。
まるで岩手に来ているみたい♪



私も遠慮なくつりました。



水量の乏しい堰堤の巻きでライズしていたのはこんなヤマメでした。


Hさま、いつもありがとうございます。
今度はもう少し大きなイワナを釣りに、ご一緒願います(^^V


author:良竿, category:山方面のヤマメ釣り, 10:15
comments(0), -, - -
限定ネットのご報告


限定「墨流し」ネット


お問い合わせを頂きましてありがとうございます。
お陰様で今回の限定ネットのご新規オーダーは残すところ3本となりました。
こちらの完成品(即売可)はお陰様で販売済みになりました。
ありがとうございました。

M−25、M−26、のストレート又はカーブであと3本お受け出来ます
納期は1~2ヶ月ほどです。宜しくお願い致します。



新規製作がお待ち頂けないお客さま、ご相談下さい。
即販売できるネットをご提案させて頂きます。

取り急ぎ、ありがとうございました!(^^v

author:良竿, category:ランディングネット製作, 16:56
comments(0), -, - -
GWは営業予定です♪

少し前ですがフライロッターズさんの依頼であちらの川に行きました

「朝から夕方までのハッチを釣ろう」
ハッチが無ければ無いでどう釣ろうか、1日を追ったそんな釣りです。
長丁場に覚悟をして先ずは、と
入ったポイントでいきなり尺ヤマメが釣れてしまい、ビックリでした。
朝6時半の事です(^^:







さて、我が家の裏山、地元のつりはと言うと

先日横浜から来られたお客様が
なんとウエーダー、タックル持参で来られました(^^;

さすがに地図だけでは申し訳がありませんので
3時間だけのお付き合いです。

まだ少し時期が早いのと、前夜の雨の影響がありますので
1匹づつでも釣れれば良いですね
そんな話をしながら林道を歩いていたわりには、
入系地点から25兪宛紊離ぅ錺覆顔を出してくれます。

増水で瀬が釣りづらいものの、大淵の頭や尻に出来た大きな
巻き返しにはライズも見られました。
本格的なイエローサリーのハッチは後2週間位かな?
我が家の近辺ははそんな感じですが、小型のストーンフライが
多く飛び交います。


グッドサイズのイワナを快調に釣りつづけていました




ラストチャンスの大淵では私にもどうにか尺イワナが釣れてくれました。



お客様は
同じ大淵のライズを3匹も釣っておられましたが最後のライズは痺れました
ファイト中にバッシーーーー!とライズ。(誘発されてるし・・)
それがこの9寸イワナでした。結局は絶好調でしたね♪



この辺りはこれからが本番です、皆様、お待ちしていますよ〜(^^V



Silkywood工房はGWも営業予定です
渋滞で遠出を敬遠していっらっしゃったら、是非お待ちしています♪
(念の為ご連絡を!)
author:良竿, category:山方面のヤマメ釣り, 15:41
comments(0), -, - -
菜の花の土手を歩いてきました


サッカーがオフ

弟が「俺もフライやりたいよ、」と言うので。弟にでも釣れる川に行きました。
そう、奴はこの鯉釣りが大好き。
パンを撒くのも面白いし、パン・フライも可愛いし!?


菜の花の匂いが好き。子供の頃の野遊びを思い出す



このサッカー少年の弟には特別にフライは教えていないのだが何故だか、
キャスティングから合わせ取り込み全て自力で大きな鯉を釣り上げてしまいます

ほんのひと時でしたが、家族でのんびりとした釣りが出来ました。

本当はこの時期は、あの川に行きたかった〜(^^;

author:良竿, category:家族, 12:02
comments(0), -, - -
限定ネットのご案内です
 
限定「墨流し」

白いフレームに黒い墨を流したかのような柄が浮き出ています。
杢が複雑に入り組んだ銘木に落ち着きを感じない方も多いと思います。
そんな渋好き、玄人好みの1本となります。

今回はいつもより極僅かですが、7本までならばお受け出来ます。
宜しくお願い致します。

特徴
シャム柿と黒檀を使っていますので手にした質感は硬質、そして水に沈みます。
水に沈むネットの利点
これまでの限定ブラジリアンチューリップウッドと同様
魚を撮影する際に、フレームが水際で落着きます。
中に入っている魚はフレームがプカプカと動かないので大変大人しくなり
撮影がし易くなるなるのです。


新規製作
納期2ヶ月〜
大きさはM−25〜M−26のストレートラウンド又はカーブにて
(M−28は長さが足りないため不可能です)
価格
限定M−26ラウンド38,880円(税込)別途送料
限定M−26カーブ 39,960円(税込)別途送料

網は手編みクレモナ、底編みで継ぎ無し、写真はオリーブ
*リリースネットに変更可能(−3,240円)



シーズン中ですので新規オーダーをお待ち頂けない方には
時間をかけて作ったこの撮影用の1本を販売いたします。
この1本は即発送可能です(^^;





裏面のみ握りやすいアンイーブン加工




今回は部材が極少量しかございませんので
もしも気になったお方が居られましたらお早めに連絡を願います(^^V
author:良竿, category:ランディングネット製作, 11:42
comments(0), -, - -
私の幸せ


ボコバシ下の水面に刺さる蔓のヨレのライズでした。
#16スパークルダンを吸ってしまった尺ヤマメ

何回蔓に毛鉤を掛けてしまっただろう・・
えい!と蔓に掛かった糸をやけくそに引っ張った拍子、、蔓がくるりと回り、
水面上へ浮かんでしまった。
その途端、水面に刺さる蔓のヨレでライズしていたこのヤマメは下流の
肩にさっがってライズをはじめた。
(めっさ、ラッキーじゃん!!(^^:)




これはまた別の日

そしてまた今年もこのお方と川を歩く事が出来ました。

歳を重ねるたびにありがたみを感じる我である・・。
何だろう、
自分も相当に釣り好きですが、この大先輩と川を歩く時だけは竿を振るのを
忘れていている様です。

ああじゃない、こおじゃないとお話しをしながらも、
このお方の釣りのテンポ、システム交換の繰り返し、移動スピードは凄い、
の一言。
普通にフリークが引き戻す流れも喋りながら渡って行ってしまいますよ。(汗



決して私はキモイ追っかけではありませんよ。おれ、そういうの苦手だから。

違うんです。ありがたいんですよね、
分かってるつもり釣れるつもりでいたつい最近の若い頃?が馬鹿みたい。
ほんと馬鹿みたい。
この日だって、またまた物凄いニンフィングを目撃してしまいました
これは・・・この川のフリークさんでも思いつかないでしょう(笑

今度こっそり真似てみようw


これはシルバーワイヤーギュルギュル巻きのフェザントニンフで一撃。


今年は小さい!とお嘆きの方へ、本番は「桜散った頃ですよ」(^^




佐藤さんがニンフ・フィッシングの記事を書きました。
目から鱗とはこのこと、是非皆さんもこの号は買いですよ!(^^;;;;;
実はこのブログの丁度10個前のエントリー(昨年の4月)で
私が巨匠に「今日は君が釣ってみ」と言われ、
何故釣れちゃったヤマメなんです。

今回の私はお恥ずかしい位のチョロっと出、でございますが
そこは見なくてもいいですが、このニンフの記事は是非お薦めですよ(笑

では、伝説の「Silkyブログ」にならぬよう、また近々に♪

author:良竿, category:山方面のヤマメ釣り, 21:02
comments(0), -, - -
祝・解禁!
 
梅祭りの最中に訪れたようです
多くの観光客の中を我々4人がウエーダーを履いて歩くので
ちと恥ずかしかったです(^^;



ご無沙汰していました。
先日伊豆方面伊にある細い川に家族で遊びに行きました。
今日は4人分のウエーダーを持参です。

ここは我々が独身時代に良く訪れた川、思い出深い川なのだ。
ママも子育てに終われ、暫くフライをお休みしていましたが、
「久々にさ、皆でフライやんない?」と。

下の坊主は4年生、上の坊主は中1になり、あの川なら大丈夫だろ♪


ママが釣り、見本を見せて、兄Kouが釣り、私が釣り、
残すは弟Kaeだ。
無事に小さなヤマメを釣り上げてくれたので皆で大喜び



4人でフライが出来るようになるなんて、幸せです(^^V




後日、こうきと2人で桂にもいきました。






難しいライズでしたが
Kouもいっチョ前に桂川の昼間のライズが捕れるようになりました(^^V

また家族で楽しみたいです!
author:良竿, category:家族, 21:47
comments(0), -, - -