RSS | ATOM | SEARCH
キャス練

兄の幸樹はもう5年生だ


サッカーサッカーサッカーサッカーサッカーサッカー・・・
の毎日だが、キャス練も忘れない。

最近は弟の楓までもがキャス練に励む。

弟は2年生で同じくサッカー馬鹿。
ダブルホールもほぼできるようになり、今度は様々な姿勢で挑戦します



ママに見本を見せてもらいな、と言うと、
「ええ?ママってキャスティングできるの?フライできるの??」だって

そうか、そうか、、楓は知らないんだ、ていうか、覚えていないんだ。

6月生まれのお前がママのお腹に居た頃、はち切れんばかりの臨月の頃に
ママは晴海のバチ・シーバスに燃えてたんだぜ、4月だわさ。
「よせ、お腹に悪いっ」て言ったのに、聞かないで釣り続けたんだぜって説明(笑)

あたしを甘くみるんでねえよ。と

シュルルル・シュルルル・・・

うおお、やっぱママが一番上手い。「力」入ってねえしな。と兄。
あの(−−;

まあ、いいや。
author:良竿, category:家族, 17:32
comments(0), -, - -
夜宮

今日は鳥屋の夜宮

春コカゲロウの釣りが一段落
すると、毎日の雨、雨、雨、
梅雨が明け、懐かしく、1年ぶりの暑い日差し。夜には
我が家の隣を流れる小川で蛍が乱舞し、我が家の中にも入り込む。
飛んできたカブトムシが網戸に張り付き、、真夏が訪れ。。。

早いですね。。


また今年も我が家の兄弟は踊りました


弟も踊り
兄はSC相模原のトップクラス練習を終え、遅刻で踊りに参加

明日が本番です
朝7時から夜10時まで踊り疲れます
私はまた食料班としてフル活動するのでしょうね・・。(−−;;
author:良竿, category:家族, 22:47
comments(0), -, - -
夕涼みがてら

近所の川は静かで涼しかった



地元、鳥屋小学校グランドで頭が痛くなるまでヘディング練習をした坊主達
私がマジ蹴りする球を頭で合わしきったた長男5年、次男2年
実に頼もしくなった。。
オリンピック女子、男子に、全日本少年サッカーの決勝戦でハイテンションだ



帰り道、おもむろに 「ぱぱ、うなぎが釣りたい!」

うなぎってか・・・、今から?

でもそう簡単には釣れないぜ、、それでも良いか?
家の土化しかけた丸太をひっくり返してドバミミズを5,6匹探し出す。


リリーパッドハスキーFL59にアブ4600CBをセット
ナツメオモリに
ドバミミズ1本刺しの「男ブッコミ仕掛け」だ。

仕掛けて15分、
弟の担当する竿の鈴が鳴り始めた。


うおお〜〜〜、なんか重い!!と弟

大本命、50冂のうなぎだった。

兄は・・・
BASSトップ用のグラスに2500C、
同じくナツメオモリにドバミミズの1本刺し。

ジャリン、グングン・・

う〜〜ん、尺ウグイ。。。

でもさ、、うなぎ、釣ろうって、1匹でもちゃんとうなぎ釣れるんだから、
お前らたいしたもんだぜ。。


天然うなぎ、明日は蒲焼だべ〜〜(^^V

「また行きたい!」(^^)(^^V
author:良竿, category:家族, 22:59
comments(8), -, - -
おひさしぶりです

暑いですね


ぐったりです。
坊主達は真っ黒に日焼けし毎日サッカー

たまにはさ、クワガタ、どうよ。。

いつもの栗畑では

カナブンも日陰で休んでいます


このカブトムシは遅い羽化ですね、梅雨明け直後にピークをむかえます



お目当てはノコギリクワガタ

やっぱ、カッコイイ。。男には永遠の憧れです



たまにはさ、クワでしょ。
author:良竿, category:家族, 12:36
comments(0), -, - -
たまには

「一緒に下がれっ!」 





上の坊主は新5年生。今はやはりサッカー、一筋。
相模原市トレセンに奮闘中。
SC相模原のUー12トップクラスのセレクションは無事合格したが、
合格すればするでこれからが大変・・・・・。
見事に両方落ちればね、これから一緒に釣り行けると思っていたのに(^^;

そんな訳でこの春、一瞬の隙を狙って「親子鷹」を
坊主にとってはよく聞く川の名前だが、ここでの釣りは始めて。
親子でライズ狙いなんてね・・、とうとうそんな歳になったのか。。

道中、何を話したら良いのやら?
「お客さん、今日は何をお釣りになりたいんすか?」(^^;

「ヤマメ」「ライズする尺ヤマメを狙いたい、ニジはいい」
(おまえウチに来る釣り師の話しを聞きすぎだな)


「・・・いっちょ前のお口をお叩きになられるんすね・・、『腕』 がお有りなら、
いくらでもご案内させて頂きますが。はい。」 (‐ー;




まずはね、この川デビューするんなら、このお勉強から入って頂きますかね
と・・

(ーー;;; うえ〜〜、怖〜い


よう聞けっ、お父ちゃんはなっ!なっ!
お前らが学校行ってる間、 
いっつも、
こんな怖い川で、暗くなるまで釣りしとんねん!
(ーー;
(全っ然っ威張れない)



さて
第1ステージはサイトフィッシング
腕試しに、、
ほれっ\_(^◇^)_/尺ヤマメ、見えますか?あの中に居ますよ、お客さん。

ここでコレ釣らんと、、他へは案内しませんからね

ほい!
あれ?イワナだった。。でも尺はあるよね

うう、、沈めたな、しかもチャート、キイロちゃん、付いとるし。 
血は争えん・・(ーー;;; 

「あれ?尺ヤマメがどっかいっちゃった・・」


んじゃあ第2ステージ
に、、行く前に 「お前、ウエーダーで買いモンできるか?恥ずかしいで〜」

いちご大福、買わせたった。   恥ずかしかったやろ?    「全然」



はい。
第2ステージはライズを狙ってみよう

ゆっくりプールにちいちゃ〜なプワワ〜ンが続く

「あかん、あかん、フライから流さんと・・」

「・・・・」

難しいやろ、どや?ここやめとこか?もう少し楽なとこ行こか。



第3ステージ

へへ。尺はあるかな?


な、なんだ、、ニジだった。


ええやん、ええやん(笑)


最後、第4ステージはイブニングで尺ヤマメ狙お!

坊主の前で何としたことか本当に34・5?はあろうかというヤマメが浮いた。
激しく何度もライズした

さすがに「どけっ!」と叫びかけたが、親父としての威厳が。。

「ぶふ、ぶふっ、頑張れ、」「無理か?変わろか?」 

 「いい、頑張る!」

(いいんだよ、、、がんばんなくても・・・・終わっちゃう・・・)(ーー;;;

初めての川でニジ3つに尺イワナ1つか。楽しかったか?


 (-_-)゜zzzzz
author:良竿, category:家族, 09:15
comments(6), -, - -
狂い咲き

お向かいさん家の桜

狂い咲きだ
激しい温度差の影響からか、台風で葉が飛ばされた為か、毛虫のおかげか?
周りの木々が紅葉してきている最中にポツポツと咲いている桜
なんだか不思議なものです
葉を全てむしり取っておくと人工的にも開花時期を狂わせられるのだとか。


こちらは順調に実ってます
裏山ではイノシシが一足先に秋の旬をいただいていました。。

「山栗」一般に出回っている栗よりも随分小さいが味は上回る






こちらは狂い咲きではありません。見事な花を咲かせました
相模原市第30回「けやきカップ」で優勝です

捕ったぞ〜 (親父が釣るヤマメ以上の価値がありまかね・・)


前回のトーナメントでは悔しい涙を流しましたが、
今回はキッチリと相手チームに借りを返しての優勝です。
有言実行となりました

決勝戦当日、1年坊主なりに朝から緊張して「飯」が全く入りません(笑)
しょうがないから、「朝マックするか?」
2人で朝マックをしながら作戦会議をし、近くの公園で緊張を解す

コンビニで「速攻元気」と「速攻チャージ」2個、
グリコのキャラメル(1粒300m)で魔法をかけて試合に望んだ

表彰式
記念ボールを手に、終始ニコニコの坊主でした。 ホッ。



坊主達の試合はメジロ押し
留守をしていてご迷惑をおかけするわけにはいきません・・
ご来店の際は事前にご連絡をお願い致します。必ず居ますので〜(^^;;
author:良竿, category:家族, 09:26
comments(0), -, - -
坊主達のサッカー

「はあああ〜〜〜」涙の表彰式



下の坊主1年生は「ハリマオ招待試合」で惜しくも準優勝

昨年(幼稚園Uー6)の大会では圧倒的な勝ちっぷりで優勝したので
今年も絶対に優勝を信じていた坊主
予選リーグでは15−0、9−1、7−1と見事な勝ちっぷりで進みました。

じぇったいに、ゆうしょうするよ!(^^!

しかし相手も素晴らしい勝ちっぷりで進んできたチーム。
そう簡単にはいきませんでした
決勝戦では3得点もオフサイド判定で逃し、5−5。
PK戦にまでもつれ込んだが惜しくも負けた。

前半戦で得点を稼ぎ、後半戦は自ら最終ラインに残り、声をはりあげた。
抜け出た相手からは得意のディフェンスで球を奪ってはサイドから
ドリブル突破し、左右からズバっとセンタリング
何度もゴール横までエグり込んで行き、仲間にマイナスで落とした。
シュート後の「メッシ・ポーズ」は・・リーガTV見すぎだわな(笑)

でも、昨日までの自分勝手な得点王争いから、
チームの皆で勝つことを意識した坊主に親父としては充分納得でした。
「14ゴールだよ、良く取ったね!それに皆が得点できた完璧な戦いだったよ」

右が優勝チーム、左が坊主達

うわっ、怖、、口とんがってるし
心はこの色の違いと同じく、対照的な表情でした

今後の「けやきカップ」でもきっと同じ対戦相手と当たることでしょう、
「そのときはばいにしてかえしてやる」そうです。m(_ _)m

スタンド席では「あの子、女の子なのに凄いね〜」と言われていたらしいですが、
男の子ですからね。ぷ。


ところ変わり、日も変わり

スクールでお世話になっているSC相模原
こちらのエスコート・キッズとして、選手と入場しました

「ねえ、おれをボランチでだしてくれない?」「ばか、そしたらおれはどうなる」
「かわりばんこでいいじゃん」
そう言ったかどうかは(笑)



上の坊主4年生は
ようやく練習成果が出てきて、私の好きなサッカーに近づいてきました。
長男にはついつい、完璧、男の理想を求めてしまうモノで・・
いつもサッカーでは厳し〜い態度で接してしまうんです。
カエルの子は蛙、なのにね(^^;;


最近ではお決まりの右サイドバックだけでなく左右FWでも出ます。
時には6年生の試合にまで呼んでもらったりして、とても楽しそうにやってます。
毎日ストイックに練習してますから

「お前(も)ちっちぇからな、、
今日は6年にビビんなよっ!【黄札】喧嘩するくらいのつもりでヤってこいヤ!」
朝から喝を入れて送り出します。


トップ、トップ下をやらせてもらっているが今のところ6年生の2試合では無得点
ちゃんと結果出さねえと呼んでもらえなくなるぞ。


そんなわけで坊主2人とも、よく頑張ってます。
本当はとっくにサッカーでは親父超えしてるけどね、まだそれは言わね〜よ(^^v
author:良竿, category:家族, 19:28
comments(0), -, - -
鳥屋のお祭り

賑やかに




夜宮

下の坊主も今年から踊りに参加させて頂きました









兄弟で踊りました




ここでもナイキですか・・(笑)






私は今年も食料班としてこのお祭りをサポートさせていただきました
その分、
夜宮から祭り当日、後片付けと、1年分のお酒を浴びるほどいただきました(^^v
author:良竿, category:家族, 09:32
comments(0), -, - -
坊主のサッカー

新人戦の優勝メダル


相変わらず我が家の坊主達はサッカー漬け。
コウキカエも試合漬け、段々頼もしくなってきました。



上の坊主Uー10は先日行われた「新人戦」の決勝で見事優勝出来ました。
とは言っても、、
我が家の坊主は相変わらず、うだつの上がらないサッカーをしていましたが(ーー;;
まあまあ、強いチームメイトに囲まれて、メダルいっぱい。キミは幸せ者です。

それに
相模原市麻溝公園競技場での試合は入部した2年生終わり頃から4回目かな
こんな芝でプレーが出来るなんて、なんて幸せなんでしょう。

ロッカールームにて
「ぽややんとしてますが大丈夫かいな!」と応援?声掛け?プレッシャー?
最近こうやって惚けるんですわ(ーー

決勝の模様は・・、興奮?心配しすぎて1枚も写真が撮れませんでした(笑)
坊主は相変わらず、右のサイドバック。攻めろ!戻れ!

この日はとっても軽いディフェンスで・・・攻守の切替えもイマイチ。
案の定、裏を取られ、失点を。
3−2 ○
でもある意味、坊主のお影でね、最後まで試合を楽しくさせてくれました。ぷ。








下の坊主Uー7は幼稚園の時からここを目指して勝ち続けてきました。
幼稚園の時から、試合は無敗。
伝説の最強軍団なんでありますヨ。 ・・井の中の蛙か(笑)

しかし、、先週初めて試合で負けたんです。もう、涙、涙、涙で大変でした。
その試合で惜しくも
ココ麻溝公園競技場で行われるハズだった「あじさいカップの決勝戦」を逃し、
少々元気のない応援でございます。

とっても微妙な空気に気を使いました(^^;;

「クッソ。本当は俺が・・・」
「あじさいカップでココへ来るはずだったのに・・・」

弟も兄も、なかなかの努力家。。
朝起きると兄弟で競う様に坂道ダッシュを5本、
リフティングは最低でも兄200、弟100をついてから、朝飯、そして宿題を。
ようやく小学校へ登校です。
(やらせてる??いやいや、そんな気の毒な。彼らの決めた事)

帰ってくれば左右リフティングの後、真っ暗になるまで兄等と1対1、2対2の対決。
最近ではリフティングしながらのランニングも2人で練習中だとか。

やれるよ、これからだよ、がんばんなさい!!
そんなこんなで、坊主達の近況報告でした。(^^v
author:良竿, category:家族, 14:12
comments(0), -, - -
野外授業に


上の坊主4年は「ひとしずくの水から」と題した授業が始まりました



まずは我々の住む地域の川
相模川水系、串川の支流で「でいしゃり」と呼ばれる場所がありますが、
そこで水生昆虫を捕まえます

「指標生物」です。
初めて聞く難しい言葉に子どもたちは首をかしげました。

様々な水生昆虫を皆で捕まえ、教室へ持ち帰り、種類や生態を調べます。
そして今我々の住む上流域の川(水質)がどのような状況にあるのか?
そんな事を考えさせてあげるようです。



今後は徐々に下流に行く予定でいるらしいですが、
今回私はそんな野外授業のお手伝いをさせて頂きました。

現地での子供達は、そんな深いことはなんも考えません(笑)
もう、まさに遠足気分。


うぎゃあ〜〜、なんだこのでっかいむしは〜〜?

おじさん!この虫はなんていうの?
おじさん、サワガニはどこにいるの?私もサワガニ捕まえたい〜〜!
もう、大変。


「カッコイイ!恐竜みたい〜〜」は大型のストーンフライです。

オニヤンマのヤゴの次に人気でした。
次にヘビトンボはどこへ行っても悪役ですね、ルーペで見ると凄い顔です(笑)

実はドロムシを採取したかったが、ドロムシ系はいっさい採取できませんでした。
まだまだ私も修行不足。

ヒゲナガ・ラーバ、ヒラタ系ニンフ、コカゲロウ系ニンフ、マダラ系ニンフ、
ストーンフライ・ニンフ、フタスジモンカゲロウ・ニンフ、
オニヤンマ・ヤゴ、サワガニ、などなど。


子供達は何時に無く素晴らしい集中力で勉強しています。

あっという間の2時間でした。

子供たちと川を歩いてみて
「意外と山の子も、、川を知らないんだな」そんな感じがしました。

野山に住んでいても、今は他に楽しいオモチャがたくさんあるからね。。。

面白いオモチャの無い時代、私の小学校時代は
琵琶湖の近くでしたから、図鑑に載る淡水魚は殆ど見てきました。
学校の帰りなんかは川を歩いて、鮎を土産にして家に帰ったもんです。




先生や子供達からお礼を言われ、良いおじさん。
でも最後に1人の女の子からお土産を・・・
「あの〜〜、ず〜と前、エンピツ、貸したら、、返してくれないんですけど〜〜」

えええ〜〜しょれって、、
ウチのクソ坊主のことですか〜?あちゃちゃ〜、ごめんね・・・・・・(><;;;
author:良竿, category:家族, 07:21
comments(0), -, - -